20210124_140929

E26系カシオペア

この車両は、HOゲージで待望の製品化であった。
カシオペアがE26系なら、北斗星は24系25形からE28系へ置き換えられるのかと思ったら、廃止…


20210124_140127

EF81トワイライトエクスプレス牽引機


20210124_140733

24系25形トワイライトエクスプレス

カシオペア購入後、次はトワイライトエクスプレスの製品化アナウンスが報じられた。


20210124_140541

285系サンライズエクスプレス

トワイライトエクスプレス購入したと思ったら、次はサンライズエクスプレスの製品化アナウンスが報じられた。


20210124_140340

24系25形北斗星JR東日本所属車両

サンライズエクスプレスを購入したら、次は更に北斗星の製品化アナウンスが報じられた。
JR東日本所属車両の製品化となったけど、EF510 500番台が製品化されてるので、JR北海道との混結なら購入を決めてたと思ったら、定期運用終了後の臨時列車にも対応できたので、購入を決めた。

2013年~2015年は、上記の各豪華寝台列車と、その他にEF62電気機関車を購入した車両となる。

20210102_182002


※画像は、本文と関係ありません…

コロナウイルスは、収束するのだろうか…?

人を殺して亡くすコロナウイルス、殺亡。

もし収束することができなければ、我々が進化するしかないけど、果たしてどう進化すればいいのだろうか…?

例えるなら、ゴキブリは常に進化し続けていて、古くなった殺虫剤が効かなくなると言われてる。

それならば、我々はワクチンの開発に頼る他ないと思う。

もし、ワクチンの開発に成功したら、感染したとしても風邪引いたような感覚で済むようになるのかも!
そうなると、周囲から避けられてたのが、お大事に!で済むようにもなるのでは…?

ワクチン開発次第では、収束が不可能だとしても殺亡ウイルスとしてでなく、コロナ君として受け入れられ、共存できるようにもなるのかも!

facebookの投稿で見付けたけど、コ+ロ+ナ=君
コロナを組み合わせると「君」という漢字になるのである!

20210123_174153

山手線E231系500番台

Tomixから、HOゲージで初めて製品化されたE231系。
スカート装備は、後年サハE231 4600と600の各番台が増結セットCとして製品化され、そのセットに強化形スカートも付属してたので、交換。

中央・総武線へ転属した黄色帯は製品化が決まったけど、同系のE231系でも武蔵野線とワンマン改造化された八高・川越線が製品化されないのかなと…?


20210123_174643

コキ車両各種のケース買い

TomixのHOゲージでは、コキ106の製品化から始まり、その後コキ50000・コキ107・コキ250000・コキ350000・コキ104の各車両などを製品化。
各車両は基本的にケース単位で揃えたけど、コキ50000系の黒台車が2ケース+4両、コキ250000・350000が1ケース+2両、その他にコキ102・103を4両1ユニットと、コキ200を2両入手。
1ケースで10両となる。

※コキ50000系とは、車掌室付きのコキフ50000も含めており、コキフ50000は最初、コキ50000を2両とコンテナ付きの3両セットとして販売され、後に1両の単品へと販売形態が変更された。


20210123_173811

EF210 100番台

コキ50000と合わせて製品化された機関車。
KATOというメーカーから、カタログで製品化の案内があったものの、その後情報は何もなく、Tomixから製品化。


20210123_174008

EF66 100番台

EF66各種が製品化された中、この100番台も製品化。
重量感があって力強い機関車のEF66、HOゲージでこの機関車を手にすると、もう最高っ!

この機関車が製品化されてから、TomixのHOゲージは原価が上がり、販売店での割引率が下がった。
例えば、それまで2割引で販売してた店舗が、1割引へと…
そこから更に、後年は定価も値上がりして、例えばEF81の機関車1両は、1999年当時定価で22000円だったものが、20年後の2019年に製品化されたEF210新塗装の機関車1両だと、32800円までに値上げされた。



20210123_173532

115系1000番台長野色

EF63の製品化に合わせて、改良品が製品化された。
前面の方向幕が、475系の製品と同様に、交換式のクリアパーツ化となった。



HOゲージでも、EF63との強調運転の走行動画。


2008年~2013年は、山手線E231系を購入後、コキ車両の購入が中心となり、この時期に購入したその他の車両は、琴電3000形と同車両のレトロカラー、EF510 500番台の北斗星・カシオペアの各カラーと、EF63の各機関車となる。
EF63は、先に2次形が製品化され、その後1次形と3次形も…

20210124_213723

またも、ドールのための背景&小物のレシピから…(株式会社グラフィック社)

本の題名通り、背景と小物の作り方が掲載。


20210124_214035

ドールのためなので、背景とは部屋の中も含まれる、こういった部屋の内装も、作り方が写真付きで掲載。


20210124_214344

小物の作り方とは、丸椅子などの家具各種の作り方も、写真付きでひとつひとつ掲載。


20210124_214433

著者である作家さんと初めてお会いしたのが、今から2年以上前のことになるけど、有り難いことにワタシの存在は、教室を始めて間もない頃から知ってたようだった。
教室を始めたのが2010年12月と、10年以上も前から知ってたのかな…?

お菓子の家となる作品、教室を行う現場先でよく見てたので、その作品は初めてお会いする前よりも知ってたけど、自分の中では代表的な作品となる。

20210123_172637

475系急行形電車

東北線の急行あづま・まつしまの2編成を揃えて、両者を連結すると13両編成になる。
この製品から、前面の方向幕がクリアパーツとなり、後に113系と115系も改良品が製品化された際、この仕様へ反映された。


20210123_172812

キハ181系特急気動車

電化される前の、特急つばさ編成で揃えた。
そういえば、EF71も製品化されたんだっけ?
板谷峠を通過する際は、EF71が連結されての峠越え。


20210123_172100

489系特急あさま

Tomixでは、EF63と合わせてNゲージで製品化され、その10年後にHOゲージでも製品化。
一方、KATOというメーカーからは、同じ時期にNゲージで初めてEF63を製品化された。




毎度粗い画質ですが、115系1000番台長野色と合わせての走行動画。
115系1000番台長野色は、後年改良品が製品化され、前面の方向幕が475系と同様な、クリアパーツとなった。


20210123_172216

キハ181系特急気動車(はまかぜ)

JR西日本所属の国鉄特急形車両は、晩年の時期を迎えるとカラーリングが変更され、上記のような塗装となった。


20210123_172420

EH500形電気機関車(サンジ形)

Tomixから、HOゲージでこんなものまで製品化された。
まさかのマンモス形H級機関車。
車体は2エンド式に合わせて、1両の機関車に2つのモーターを搭載。


今回は、2006年~2007年に入手した、HOゲージ車両を上げた。
この時期に入手した車両は、その他に何かあったのかな?う~ん…??
完全に覚えてるワケでないけど、HOゲージ車両製品の入手は、2003年と2005年がピークだった!

20210121_230646

押し入れの話…

お食事中、押し入れと言ってはいけない。
何気なく押し入れを開けてたら、子供の頃をふと思い出したけど、うちの母が食事中に押し入れと言ったら、押し入れを「おしり」と聞き間違え、そこから「うんkぉ」を連想させられたので…

「うおえ~!」


なので、お食事中に「うんこ」と言っていけないのが、よ~く分かる!
お食事中以外でも、お愛手様が口の中にモノを入れてる最中や、その直前に発言すると、こっぴどく叱られるケースもあるので、そこは要注意を…

20210122_213500

115系1000番台(旧新潟色)

HOゲージで製品化された当時、全く買う予定がなかったものの、限定販売で5両編成も製品化され、パッケージの形態につられて、急に欲しくなった!
結局、限定販売の5両編成と通常版の3両編成と、2本揃えた。



画質は粗いけど、115系1000番台旧新潟色2編成による、YouTube走行動画。


2004年は、上記の車両とEF66(JR貨物更新車両)を入手したのみで、2005年へ…


20210122_213330

10系寝台客車(青塗装・冷房車両)

2005年、銀河・紀伊編成で揃えたものの、EF58を入手しておらず…
DF50は入手済みなので、銀河編成から切り離された紀伊編成なら、走行可能となる。
銀河・紀伊編成は、東京~名古屋まで連結され、途中の名古屋で切り離された後、銀河がそのまま東海道線へ、紀伊は紀勢線へと。


20210122_212650

EF64 1000番台(JR貨物更新車)


20210122_213155

485系

先頭車がグリーン車となってる編成で、当初は9両編成のひたち編成から、後年13両へ増結したひばり編成となった。


20210122_212931

115系1000番台(新新潟色・緑)

旧新潟色を2004年に入手したので、その翌年2005年に合わせて入手。



画質はま粗いけど、後年製品化されたトワイライトエクスプレスと合わせて、HOゲージで信越線(直江津~長岡)のYouTube走行動画。

2005年はその他に、10系客車(茶色)座席と寝台の各客車・DF50・EF64 1000番台・115系1000番台しなの鉄道などの各車両を揃えた。

20210120_202550

野菜を摂取してないので、せめて野菜ジュースは飲んでおこうと、8年くらい前から1日分の野菜を飲み続けてる。
飲み始めた当時、自動販売機で毎日1本買って飲んでたけど、それだと1本120円してた。
そんな中ダイエーへ行ったら、1本のペットボトルを見付け、缶5本分で248円(税抜)と、毎日缶1本買ってたのがバカバカしく思えてたら、近所のドン・キホーテでは1本188円(税抜)だったので、缶からペットボトルへ移した。
※現在は、188円から198円(税抜)へ値上…

子供の頃は野菜全般が食わず嫌いで、小学校の給食ではよく残された。
家では、母から食べなさい!と説教の繰り返し…

高校時代は農業体験合宿へ参加、そこで初めて野菜というものの美味しさを知り、徐々に野菜嫌いが克服できたので、いい体験となった!

20代を迎え、小学校時代の同級生と再会して、外食で自らサラダを注文して食べてたら、ビックリしてた。
そういえば、小学校時代はサラダを口に入れただけで…

「おえ~」

でも、きゅうりだけは今も相変わらずの食わず嫌い。。。
会社の事務所で、きゅうりが嫌いだと答えたら、上司が当時の部長が座ってた机に指差して、きゅうりと連呼!
その後、笑いを堪えながら部長と作業してたので、顔を合わせられず目線を下に向けてた…

20210121_231832

HOゲージを初めて入手したのが2001年、最初に買い物した車両が、113系1500番台となる。
先に2000番台が製品化されたものの、その2年後に製品化されたので、1500番台なら買ってみよう!と思った。

入手したのが発売後から遅かったので、既に基本と増結しかなく、ひとまず房総線の6両編成で揃えた。


20210121_231517

113系1500番台を6両編成で入手直後、485系のかがやきも入手。
この車両は限定販売だったので、買えるなら買っておこうと。

2001年に入手したのは以上の車両のみで、そこからしばらく間を空けてから2003年、113系1500番台が再生産されたので、これに合わせてグリーン車等各車両も入手して、横須賀 総武線(快速)の11両編成へ増結。



画質は粗いけど、485系かがやきの走行動画。


20210121_231223

EF81、コチラは2003年に初めて入手した、HOゲージの機関車車両。
HOゲージの機関車は重量感があるので、手に持つとその感覚がたまらない!


20210121_231714

113系2000番台、1500番台を11両編成揃えたら、コチラも後に同じく揃えた。
グリーン車の編成は、1両が2階建て車両となっており、グレーの床下機器をした編成も4両揃えたので、コチラは編成の各車体番号を調べて、当時静岡運転所に所属してた、T編成の付属4両(12~15号車)にして、HOゲージの113系でも15両編成に対応。


20210121_232202

583系、各店舗で探し回して、何とか無事9両編成揃えた。
後年の再生産で、食堂車を始めとした増結用の各車両を入手して、9両から往年の13両編成へ。

2001年に始めたHOゲージは、2003年の113系1500番台が再生産されたのを皮切りに、車両が大幅に増え始めた年でもある。
その他に、ホキ800・583系急行きたぐに・115系2000番台湘南色と身延線・EF66・14系寝台客車・南部縦貫鉄道レールバスなどの各車両を、2003年内に入手。

20210119_232530

381系、この製品は今から20年以上前の当時、模型店で9両分揃ってたので、衝動買いした。


20210119_232739

当時(1992年頃だったかな?)の製品は改良品として発売され、先頭車両が非貫通式のくろしお編成となった。
この改良に合わせて、スーパーくろしおの旧塗装と、スーパーやくもも後々製品化。

それ以前に製品化された旧製品は、先頭車両が貫通式のしなの編成となってる。

貫通式の旧製品は、その当時市場で見たことなかったので、高値が付けられるほどだったと思う。

2001年(確か?)頃に製品が見直され、先頭車両が貫通式も非貫通式もどちらも製品化され、この見直しに合わせて、スーパーくろしおの新塗装も製品化された。
スーパーくろしおの新塗装は、増結セットが4両入りの選択式で、車両が1両余るという無駄で厄介な、販売形態であった。


20210119_232759

381系は、183系や485系などと違い、屋根上部分がシンプルとなってて、冷房等の機器類がみられない。
特に冷房は、床下部分に装備されてるのか…?




YouTubeで発見した動画、動画を見ていて381系といえば、くろしお編成の国鉄塗装を持ってたので、今回取り上げた。

動画は、塗装が青っぽいけど、傾け具合や光の当て方によって、エメラルドグリーンへ変わる、そんなことも紹介されてた。

そういえば…


20210119_233511

この103系が、スカイブルーなのか?エメラルドグリーンなのか…??




正解は、エメラルドグリーン。


20210119_233428

傾け方や、光の当て方によって見え方が変わるけど、こうやって実際にスカイブルーと並べて比較すると、分かりやすい!
この色は間違えやすいけど、エメラルドグリーンと埼京線の色も似ていて、京浜東北線かと思ったら、埼京線だったという見間違えもするけど、現在どちらもE233系なので、余計間違え易く…
※画像の103系は、どちらも1999年に一度改良された製品となる。

↑このページのトップヘ