カテゴリ: YouTubeシェア。

20210123_172637

475系急行形電車

東北線の急行あづま・まつしまの2編成を揃えて、両者を連結すると13両編成になる。
この製品から、前面の方向幕がクリアパーツとなり、後に113系と115系も改良品が製品化された際、この仕様へ反映された。


20210123_172812

キハ181系特急気動車

電化される前の、特急つばさ編成で揃えた。
そういえば、EF71も製品化されたんだっけ?
板谷峠を通過する際は、EF71が連結されての峠越え。


20210123_172100

489系特急あさま

Tomixでは、EF63と合わせてNゲージで製品化され、その10年後にHOゲージでも製品化。
一方、KATOというメーカーからは、同じ時期にNゲージで初めてEF63を製品化された。




毎度粗い画質ですが、115系1000番台長野色と合わせての走行動画。
115系1000番台長野色は、後年改良品が製品化され、前面の方向幕が475系と同様な、クリアパーツとなった。


20210123_172216

キハ181系特急気動車(はまかぜ)

JR西日本所属の国鉄特急形車両は、晩年の時期を迎えるとカラーリングが変更され、上記のような塗装となった。


20210123_172420

EH500形電気機関車(サンジ形)

Tomixから、HOゲージでこんなものまで製品化された。
まさかのマンモス形H級機関車。
車体は2エンド式に合わせて、1両の機関車に2つのモーターを搭載。


今回は、2006年~2007年に入手した、HOゲージ車両を上げた。
この時期に入手した車両は、その他に何かあったのかな?う~ん…??
完全に覚えてるワケでないけど、HOゲージ車両製品の入手は、2003年と2005年がピークだった!

20210122_213500

115系1000番台(旧新潟色)

HOゲージで製品化された当時、全く買う予定がなかったものの、限定販売で5両編成も製品化され、パッケージの形態につられて、急に欲しくなった!
結局、限定販売の5両編成と通常版の3両編成と、2本揃えた。



画質は粗いけど、115系1000番台旧新潟色2編成による、YouTube走行動画。


2004年は、上記の車両とEF66(JR貨物更新車両)を入手したのみで、2005年へ…


20210122_213330

10系寝台客車(青塗装・冷房車両)

2005年、銀河・紀伊編成で揃えたものの、EF58を入手しておらず…
DF50は入手済みなので、銀河編成から切り離された紀伊編成なら、走行可能となる。
銀河・紀伊編成は、東京~名古屋まで連結され、途中の名古屋で切り離された後、銀河がそのまま東海道線へ、紀伊は紀勢線へと。


20210122_212650

EF64 1000番台(JR貨物更新車)


20210122_213155

485系

先頭車がグリーン車となってる編成で、当初は9両編成のひたち編成から、後年13両へ増結したひばり編成となった。


20210122_212931

115系1000番台(新新潟色・緑)

旧新潟色を2004年に入手したので、その翌年2005年に合わせて入手。



画質はま粗いけど、後年製品化されたトワイライトエクスプレスと合わせて、HOゲージで信越線(直江津~長岡)のYouTube走行動画。

2005年はその他に、10系客車(茶色)座席と寝台の各客車・DF50・EF64 1000番台・115系1000番台しなの鉄道などの各車両を揃えた。

20210121_231832

HOゲージを初めて入手したのが2001年、最初に買い物した車両が、113系1500番台となる。
先に2000番台が製品化されたものの、その2年後に製品化されたので、1500番台なら買ってみよう!と思った。

入手したのが発売後から遅かったので、既に基本と増結しかなく、ひとまず房総線の6両編成で揃えた。


20210121_231517

113系1500番台を6両編成で入手直後、485系のかがやきも入手。
この車両は限定販売だったので、買えるなら買っておこうと。

2001年に入手したのは以上の車両のみで、そこからしばらく間を空けてから2003年、113系1500番台が再生産されたので、これに合わせてグリーン車等各車両も入手して、横須賀 総武線(快速)の11両編成へ増結。



画質は粗いけど、485系かがやきの走行動画。


20210121_231223

EF81、コチラは2003年に初めて入手した、HOゲージの機関車車両。
HOゲージの機関車は重量感があるので、手に持つとその感覚がたまらない!


20210121_231714

113系2000番台、1500番台を11両編成揃えたら、コチラも後に同じく揃えた。
グリーン車の編成は、1両が2階建て車両となっており、グレーの床下機器をした編成も4両揃えたので、コチラは編成の各車体番号を調べて、当時静岡運転所に所属してた、T編成の付属4両(12~15号車)にして、HOゲージの113系でも15両編成に対応。


20210121_232202

583系、各店舗で探し回して、何とか無事9両編成揃えた。
後年の再生産で、食堂車を始めとした増結用の各車両を入手して、9両から往年の13両編成へ。

2001年に始めたHOゲージは、2003年の113系1500番台が再生産されたのを皮切りに、車両が大幅に増え始めた年でもある。
その他に、ホキ800・583系急行きたぐに・115系2000番台湘南色と身延線・EF66・14系寝台客車・南部縦貫鉄道レールバスなどの各車両を、2003年内に入手。

20210119_232530

381系、この製品は今から20年以上前の当時、模型店で9両分揃ってたので、衝動買いした。


20210119_232739

当時(1992年頃だったかな?)の製品は改良品として発売され、先頭車両が非貫通式のくろしお編成となった。
この改良に合わせて、スーパーくろしおの旧塗装と、スーパーやくもも後々製品化。

それ以前に製品化された旧製品は、先頭車両が貫通式のしなの編成となってる。

貫通式の旧製品は、その当時市場で見たことなかったので、高値が付けられるほどだったと思う。

2001年(確か?)頃に製品が見直され、先頭車両が貫通式も非貫通式もどちらも製品化され、この見直しに合わせて、スーパーくろしおの新塗装も製品化された。
スーパーくろしおの新塗装は、増結セットが4両入りの選択式で、車両が1両余るという無駄で厄介な、販売形態であった。


20210119_232759

381系は、183系や485系などと違い、屋根上部分がシンプルとなってて、冷房等の機器類がみられない。
特に冷房は、床下部分に装備されてるのか…?




YouTubeで発見した動画、動画を見ていて381系といえば、くろしお編成の国鉄塗装を持ってたので、今回取り上げた。

動画は、塗装が青っぽいけど、傾け具合や光の当て方によって、エメラルドグリーンへ変わる、そんなことも紹介されてた。

そういえば…


20210119_233511

この103系が、スカイブルーなのか?エメラルドグリーンなのか…??




正解は、エメラルドグリーン。


20210119_233428

傾け方や、光の当て方によって見え方が変わるけど、こうやって実際にスカイブルーと並べて比較すると、分かりやすい!
この色は間違えやすいけど、エメラルドグリーンと埼京線の色も似ていて、京浜東北線かと思ったら、埼京線だったという見間違えもするけど、現在どちらもE233系なので、余計間違え易く…
※画像の103系は、どちらも1999年に一度改良された製品となる。

20201111_205105

家から近所のスポーツジムへ。
残業で行けなかったり、週末出かけて行けなくなる日もあるけど、平均週3ペースで通ってる。


20201111_205147

所々ブランクがあったりもするけど、通い始めたのが小学3年生の頃から。




※シェアした動画はイメージ。

ベンチプレスを始めたのは21から。
25くらいから、一度ブランクがあったものの、32から再開して現在へ至る。
ひとりだと50~60kg上げてるけど、補助がいると80kg上げてる。

100kg上げられるのを想像したことすらなかった中、先日60過ぎた筋肉バッキバキのおじさまから言われたのが「100kg上げられるのはそう遠くない、自信もって大丈夫!」そう言われたので、ついついその気になってしまった!




※シェアした動画は、またイメージ。

が!しかし…
モチベーション上がり、100kg上げられるように意識を強めてた中、職場で腰を痛めた。
現在、ベンチプレスを自粛して、アークトレーナーで身体温めて腰を解しながら、トレーニング中…



碓氷峠や軽井沢へ足を伸ばすと、やはりEF63という機関車はいいな~と、つくづく思う!




後日、YouTubeで検索して見付けた、EF63での碓氷峠往復動画。
4重連の走行も少しだけ見られたけど、やはり機関車だけでの4両は、迫力!


20201110_203959

HOゲージでのEF63は、Tomixの戦略に見事ハマりました。
最初に2次形が製品化され、そこで2両買わせてから、その1年後に1次形が製品化され、そこでもう2両買わせてから、3次形の製品化へ…
1次形と2次形があっての3次形、先に製品化しても売れないので、後回しにしてから買わせる意欲へ。
1~3次形が揃ったら、2次形の茶色も製品化させて、2両買わせるという戦略だった!

先に1次形が製品化されてたら、2次形を1両買ってたか買ってなかったか…
2次形でも、茶色が先に製品化されてたら、それを2両買うだけで済ませてた。


20201110_205008

20201110_204953

迫力の4重連、これは戦略にハマったからこそ、青塗装の統一で揃えられた。


20201110_205818

20201110_205712

2次形の茶色塗装と489系特急あさま。

碓氷峠(横川~軽井沢)の廃止直前に、2次形のうち2両(18号機と19号機)が茶色へ復刻塗装され、人気を集めた!
3次形もうち2両(24号機と25号機)が、同じく茶色へ復刻塗装されたけど、HOゲージで製品化されてない。
製品化されるのであれば、1両だけ欲しい機関車である。

489系特急あさまは、NゲージでEF63が製品化されてから、10年後の2006年に製品化、HOゲージでのEF63が製品化されされたのは、2次形が2012年となった。




画質が荒いけど、過去に強調運転の動画を上げてた。



撮り鉄さんの動画をYouTubeで再生することならあるけど、電車内からカメラを撮ったり廻し(録画)たりする勇気など、オレにはない…

車内から撮るとしても、団体列車や個室くらいかな。

では、今まで車内でカメラを撮ったことがないのかというとそうでなく、過去にボックスシートの車窓から、由比海岸・富士山・浜名湖(東海道線)の各風景と、すずらんの里という駅名表示(中央線)や、はだかじま(身延線)という駅名表示なら撮ったことあるけど、今じゃあ撮ろうという気になれない。
それだけ撮り鉄は、世間からの風当たりが悪くなってるのを、肌で感じる…

すずらんの里、駅名がオシャレだったので撮った。

はだかじま、裸体島かと思ってネタにしようとしたら、波高島でした…




現在撮り鉄は、家で鉄道模型を撮ることにして、外での撮り鉄を自粛中。
家で撮る鉄道模型は、マナーを気にせずトラブルも一切なし!




先日、TVのニュースにもなったけど、その後カツ丼をお召し上がりになったのかな…?


20201024_073518

20201024_085653

先日、隅田川沿いを散歩したけど、外での撮り鉄は自粛中なので、電車が通過してない隙を見計らって撮った。

20201024_055907

おはようございます。

この日は、2020年10月24日(土)朝の6時、新橋へ到着。


20201024_062242

新橋から徒歩で約30分、少々道に迷いながら、築地大橋へ。
この築地大橋近辺が、隅田川と東京湾との境界となる。


20201024_062253

ここから体力と時間の両方が許す限り、流れに逆らいながら隅田川沿いのお散歩開始。
でも早速、川沿いが歩けない…


20201024_063708

早速、川沿いが歩けなかったので、迂回しながら勝鬨橋へ。

勝どきは、メンタルの講師が住んでて、奥様に「夜景がいいですよね~」と話したら、夜は出歩かないと。
お子さまが小さいから、夜に出歩くことはないかなと。

勝鬨橋を渡れば、月島と晴海も近いけど、その気があれば豊洲と有明(東京ビッグサイト)も近いのでは…?


20201024_063932

川沿いは、隅田川テラスとなってるけど、ここから歩き始める。


20201024_064718

20201024_065138

佃大橋と中央大橋。


20201024_065524

20201024_065605

佃大橋を通ってから中央大橋を通る前には、亀島川に掛けられた南高橋を渡らなければ行けないので、一度川沿いから離れる。

常に川沿いを歩ける訳ではないので、所々川沿いから離れることもある。


20201024_065931

中央大橋へ。

facebookの繋がりが、佃のタワーマンションに住んでて、ご自宅からのベランダの風景が、画像で上がってた。
ベランダからの画像は、隅田川に掛けられた中央大橋が、上から見下ろすかのように写ってて、東京駅の八重洲周辺らしき風景が背景に。
※後々、facebookでベランダからの画像を見直したら、中央大橋でなく、佃大橋だった…

この近辺を歩くと、タワーマンション群を下から見上げて、すげぇ!と思う田舎者だけど、住めるようになると、その真逆で上から見下ろせるようになるのかと!


20201024_070342

中央大橋を抜けると、スカイツリーが見渡せるようになり、永代橋の下を通る。


20201024_070746

永代橋と水面の高低差が狭いなと思い、カメラ撮ろうとしたらちょうどいいタイミングで、漁船が通過。


20201024_071703

清洲橋へ。


20201024_072215

20201024_072302

新大橋へ、かねふくの明太子が有名で、看板等をよく見ることがある。
工場は茨城県で、見学もできたような…



ここまで、橋ばかりをカメラで撮ったけど、橋やその周辺の詳しいことは、この動画で紹介されてる。


20201024_073048

ここから、浅草周辺へ。
この日は快晴のお散歩日よりであり、こうやって青空に雲を撮るのも絵になる!


20201024_075547

浅草へ。

浅草といえば雷門だけど、今回は川沿いの散歩。
雷門以外で浅草といえば、アサヒビールのビル。


20201024_075558

皆からよくイジられる、金のウンコ…

本来なら立てる予定だったものの、設計の都合で重心が不安定となり、転落の恐れもあるため、横向きに変更されたのだとか。


20201024_080106

「にゅる」と、たて向きにしたくなる…


20201024_080305

横向きは横向きで、筋斗雲にも見える…

筋斗雲、何気に名前が分からず。
「ドラゴンボール 雲」で検索すると、分かります!


20201024_080553

東武鉄道の橋。
列車は法律上、徐行運転しなければならない区間となるけど、そのジョイント音(ガタンゴトン)に迫力と重量感があり、たのしめる!

列車は、次から次へと入れ替えで入ってくるので、列車の入ってこないタイミングを撮るのが、逆に難しいのかも…
っと、勝手に思い込み!


20201024_080656

橋の横は歩けるので、歩いてみたい。


20201024_103455

浅草(下町エリア)より上流は、風景がガラリと変わり、それまで東京都港区と中央区、台東区を歩いてたけど、荒川区と北区へ。

浅草から歩いておよそ2時間半後、K'Sデンキと日暮里舎人ライナーの足立小台駅が、川の向こう岸へ。
歩いてる場所は東京都北区だけど、川の向こう岸が東京都足立区となり、荒川もすぐ近くなので、川と川に挟まれた場所となる。

昨年は荒川沿いを歩いたけど、その逆側を歩いてた。


20201024_113344

更に歩いて1時間後、川沿いが歩けなかったので、道に迷いながらやっと戻れた。
背景にうっすらと、首都高の五色桜大橋が見えるけど、荒川に掛けられてる橋となる。


20201024_113741

20201024_114238

一度荒川へ接近して、背景に土手の高台が見えてくるものの、また離れてく…


20201024_122946

堤防で川の水面が見えてないけど、隅田川と荒川の合流分岐地点に設けられた水門。


20201024_123918

荒川との合流分岐地点に設けられた水門を境に、ここから先上流方面は隅田川でなく、しんがし川(新河岸川)となる。


20201024_124400

ここから先(上流方面)は、新河岸川沿いを歩こうか、荒川沿いを歩こうか迷ったけど、荒川沿いへ。
ここから先はしばらく、昨年も歩いた川沿い(道)となる。


20201024_130857

少年野球風景、多摩川や荒川でよく見られる光景だけど、隅田川では見られない光景。


20201024_132535

新河岸川は荒川から一度離れ、埼京線の北赤羽駅高架下を流れる。


20201024_135835

20201024_135953

中仙道、昨年はこの橋を渡って、埼玉県(戸田市)へ入ったけど、渡らずこのまま真っ直ぐへ。


20201024_141819

荒川の土手に学生さんがいると、金八先生のオープニングみたいだ!


20201024_144521

川の向こう岸に見えるのは、戸田競艇場。


20201024_155949

時刻は16時を迎えようとしてるけど、日が落ちかけてきた。


20201024_160940

夕日で黄金色に輝く新河岸川、一度荒川から離れたものの、再び接近。


20201024_162651

再び、新河岸川と荒川の合流分岐地点へ。


20201024_163027

合流分岐地点に設けられた、朝霞水門。
時刻はこの時点で17時、時間が許せても体力は許さなかったので、残念ながらここでリタイア。。。


20201024_175521

リタイアしたものの、最寄り駅となる武蔵野線の北朝霞駅まで1時間歩かされ、ここでこの日のお散歩は終了。

YouTuberで、ビデオカメラを持ってれば、録画したものを60倍速にして、アップロードするのおもしろそう!


【関連記事】








以前、ロータス(Lotus Juice)さんのことを書いたけど、YouTubeではロータスさんを始め、ペルソナのBGMを聴くことが多い!
(※ペルソナというゲームはやったことないけど…)

ペルソナのBGMといっても、オレが知ってる限りだと、ロータスさんひとりだけのソロ曲を聴いたことがない。




ペルソナのBGMで代表曲といえば、Mass DestructionというBGMで、ベイベベイベ~…で知られてて、カラオケでも入ってるくらい。




Falling down -"Light Starless Sky" このBGMは、ロータスさんのラップ部分にパンチが効いてて、川村ゆみさんのボーカルで和らいでる感じが、聴いてて心地よい!

川村ゆみさん、川村を一文字変えて、ゆみに「ま」の字を付け足すと…

まゆみ先生かいっ!




ペルソナ5のBGMは、ロータスさん歌ってないけど、Take Overを探し続けてて、やっと見付けた。



今年の4~9月までの2クールに渡って、ハクション大魔王2020が放送された。
メンタルのリピート講座も受講してたので、毎週ではないけど観られるときは観てた。

原作から50年後の続編が描かれ、時代の変化に驚く魔法界の大魔王にアクビちゃん。

主人公は、カンイチ(かんちゃん)の孫となるカン太郎で、第14話に一度だけおじいちゃんとなったかんちゃんが登場。

第14話で、心に残った言葉が「やらない後悔よりやって後悔」となり、最終回のキーワードにもなる言葉である。

確かに結果は良くも悪くも、やらない限りどうなるか分からない!


その場でやらなければ、後になってからやっておけばよかったと後悔…

やって失敗したとしても、そこから可能性のヒントを得ることができる。

実は、失敗の繰り返しが、後々成功へと導かれてくもの。

失敗は成功のもとという通り、成功への過程でもある。

確かにオレも、今まで失敗の繰り返しで、そんな中から反省を活かし、割合的に数少ないけどそこから成功を掴み取ったことがあれば、軌道修正をかけて過酷な道から、たのしい道へと変換されたこともあった!

↑このページのトップヘ